シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

環境政策

環境に優しい乗り物ときっぷ


突然ですが、鉄道は環境に乗り物です。
一人当たりの二酸化炭素排出量は自家用車に比べ、鉄道は1/7程度に抑えられるそうです。




【出典:NOマイカー運動パンフレット(富山県公共交通利用促進協議会)】




毎年秋頃に全国各地でノーマイカー運動が実施されています。
1971年10月、東京・八王子市で大気汚染抑制と交通渋滞解消を目的に始まったこの運動は、近年では、公共交通の永続的な維持に向けた積極的な利用の喚起という大きな役割とともに、経済的にも健康的にも優れ、環境にも優しい移動手段であることを広く周知しています。
これをきっかけにして、一人ひとりのライフスタイルを振り返ることができたら良いですね。

・・・
さて、CWSのお題目から早速外れるようで申し訳ありませんが、
そんな環境に優しい、鉄道に乗るためには欠かせない「きっぷ」のお話をしたいと思います。

一口にきっぷと言えど、サイズ、色、書式など、本当に色々なものがありますが、今回は名刺の1/3ほどのサイズしかない、このきっぷのお話です。↓↓








国鉄時代から「A型券」と呼ばれ、考案者の名前をとって「エドモンソン式乗車券」とも呼ばれているきっぷです。
大きさが「3㎝×5.75㎝」という何とも中途半端なサイズのきっぷですが、
現在、JRや私鉄各社の自動券売機では、多くの場合はこのサイズのきっぷが発券され、きっぷと呼ばれる部類の中では、かなりポピュラーな存在かと思います。
個人的には、手のひらサイズで財布にもしまいやすいので◎です。
JR各社の券売機で発売されるA型のきっぷも色々あるようで、片道乗車券に注目してみても、着駅を金額式や駅名式で表記するなどと書式も様々です。







この他、回数券、往復乗車券や入場券、遂には自由席特急券や通勤ライナーの乗車整理券まで、このサイズのきっぷが使用されているようです。










ところでこのA型券は、その殆どが自動改札機による改札に対応するため、
きっぷの裏は様々な情報がインプットされた磁気面で黒くなっています。








しかしその「殆ど」に当てはまらないA型券が存在します。
駅の改札口で「うらが白いきっぷの出入口」などと書かれた看板を見たことがある方も少なくないかと思いますが、うらが白いA型券が存在するため、そういう看板がみられるということのようです。
自動改札機に対応できない等のため、発売するケースも殆ど無くなってしまったようで、絶滅危惧種と言っても過言ではないレアなきっぷです。







種類も回数券や往復乗車券、自由席特急券まで存在します。







中には薄い紙ではなく、硬い厚紙で作られた「A型硬券」と呼ばれるものも存在します。
きっぷ自体が厚く、裏が白色(正確には生成り色)のきっぷですので、自動改札は通れませんし、そもそも自動改札が無い鉄道会社で発売されている場合が殆どです。

 










ざざっと「A型券」についてお話してきましたが、結構なボリュームになってしまいました。
それだけ「きっぷ」も奥が深いということなのかも知れません。

SuicaなどのIC乗車券が普及したため、A型券を含め、紙で出来たきっぷを買い求める利用客は年々減少しているようです。
確かに券売機に連なる行列に並び、いちいち財布からお金を出して買わなくて良いので便利ですが、事故などの際に実施される振替輸送の対応でIC乗車券では不利なことが多いことや、「きっぷを持って列車に乗る」という感覚とその紙切れとともに旅をした思い出を大切にしたいので、私は今でも大切な旅行であるほど、紙のきっぷを買い求めては列車に乗っています。

気になる leaving no one left behind (1月31日 投稿)

ほぼ2年前に、国連総会で採択されたSDGsに関して、固有の日本語訳は付けられていないのか、探したがみつからない。Sustainable Development Goals なのでイメージは湧くが。「環境保全」と「発展」の交差点付近で仕事をしてきた経験からすると、新しい概念?SDGsに頼りたいと思う感覚が湧いてくる。

この行動計画の理念として、標記の文言が与えられている。「誰も置き去りにしない」と訳されている。英文だと、イメージが明確で、「ほっておかない(問題を棚上げしていない)」という静的な状態を強く感じる。しかし、日本語にすると、手をさしのべた者達が、置き去りにされた人たちもろとも集団で、どこかより良い場所へ移動する、といった動的状態を感じるが、どうだろう。どこへ行こうとするのか。

今日の新聞に、大きく取り上げられていた。じっくり考えるとして、この行動計画に、私たちのNPOも関与できるとよいと思う。