シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

イベント

藤沢市地球温暖化対策地域協議会ニュース「ストップ温暖化」の紹介


 藤沢市地球温暖化対策地域協議会(投稿者・林が副会長)は、藤沢市環境総務課と連携し、地球温暖化対策に関する情報の提供、地域活動の推進などを行っています。先日、「ストップ温暖化ニュース 第13号」を発行したので、以下に紹介いたします。
 数ある中で、市政と協力して活動しているのはこの協議会のみです。活動がシニアが中心になりがちですが、広い年齢層で常時会員を募集しています。興味のある方は、下記のファイルをご覧ください。最近のFSST見学や「不都合な真実2」上演案内は、協議会からの情報です。可能な範囲で、情報を共有していきたいと思います。




新メニュー「空と雲の写真館」を開設しました

会員が投稿した写真や動画をホームページ上で公開するプラットフォームです。まだ試作段階ですが、最近実施した市民活動見本市ほかで紹介した活動の受け皿として利用すます。

会員の方は、どしどし写真や動画を投稿してください。会員からの投稿方法などは、近日中にホームページでお知らせします。

地域活動見本市 終了しました (9月16日投稿)

盛況で。会員獲得のために今後も参加すると良いと感じました。藤沢市の中心で気象観測データをリアルタイム公開していること自体、まだ知られていないので、知名度アップが我々の課題と想います。「空と雲の写真館」活動参加希望者は数名おり、早速NPO内の体制を整えてスタートさせましょう。会員のページに報告文を加筆しましたのでそちらもご覧ください。

第8回地域活動見本市に出展します (8月12日投稿)

9日15日、藤沢市民会館で開催される第8回地域活動見本市に参加します。開催案内ポスターをご覧ください。テーマは湘南の「空と雲の図鑑(仮称)」を作ろう、というものです。先の総会で検討した本年度の活動の一環です。

見本市の主催は、シニアネットなるNPOで、藤沢市が支援しています。主にシニア層を対象に参加を募り、活動を広げようというものです。

当日、参加希望者を募集して会員になってもらい、身近に出現する大気現象の写真を投稿してもらいます。CWSが擁する気象予報士や理科教員経験者が投稿写真や動画を整理し、まずは写真館でHPにて公開を、ひいては図鑑にまとめよう、という活動です。

会員の皆さんも積極的に投稿してください。投稿写真・動画の撮影地点は湘南地域でなくても結構です。投稿規定および投稿素材の所有権の保護につき原案を検討しています。まとまり次第にお知らせします。

見本市での展示は、9月15日の11時~15時です。会員のなかで都合の良い方は、説明役をお願いしたいと思いますので、8月末ころまでに、林まで、是非申し出てください。詳細は、会員メーリスでお知らせします。

ポスターは こちら 第8回地域活動見本市

みんないきいき 第8回地域活動見本市 の案内その1 (7月21日)

9月15日(土)、11時~15時、市民会館第2展示場ほかで、標記の見本市が開催されます。約20団体が、それぞれの活動の紹介を行い、気に入った活動があれば会員になっていただき一緒に活動をしましょう、という企画です。

NPO-CWSは初めて出展します。これまで話題として取り上げてきた、雲や大気発光現象、また災害や異常気象などの写真を収集し、図鑑のようなスタイルでまとめ、「藤沢の空(雲)写真館」(仮称)としてHPに公開することを考えています。参加したい方は会員登録を行い、身近に遭遇した空・雲・得意な気象現象などの写真をNPO事務所に投稿してください。

HPに公開する場合、例えば撮影した雲種の正確な名称の決め方、著作権の取り扱いなどについてルールを作っておかねばなりません。これらについては活動開始の9月15日までに決め、HPにてお知らせします。

カメラの好きな方、気象に興味のある方、異常気象災害に遭遇した方など多くの方々から写真を投稿していただくことを期待しています。

地球温暖化時代のレシピ試食のイベント 報告(3月11日投稿)

会員のページに、計画から記者発表、イベント当日の様子、発表に使ったパワポをまとめて掲載しました。地球温暖化について、多くの方に興味を持ってもらうためにJAXAが企画し、CWSが協力しました。

藤沢NPOカフェ・メールマガジンリスト(12月26日)

CWSが所属する藤沢NPOカフが発信しているメールマガジンのリストです。しばしば活動基金の募集記事があるのでご覧ください。もし、応募に適したものがあれば事務局へ申し出ていただけば、応募書式の作成など相談にのります。定期的に更新されるので、お時間がある時にこのアドレスを覗いていただくとよいでしょう。

http://npocafe.f-npon.jp/pub/mailmagazine/