シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

空と雲の写真館

西から近づく雨雲(乱層雲)


今年(2020年)も長梅雨となっていますが、やっと、梅雨明けがみえてきました。今日は未明から不安定な天気が続き、日が昇ってからも時間雨量10ミリを超える雨が降ったり、そのすぐ後に日が射したりしています。




2020.7.26 7:40




30分後




写真と同時刻のひまわり画像(旗の立っているところが撮影地:藤沢市用田)
左:7:40 中:8:10 右:8:40




雨雲が去り、青空が覗く




9:30



夕刻の層積雲と工場煙突の煙






2020年1月26日17時12分、湾岸線川崎近くで撮影。陽も落ち、積雲を作り出す対流が弱まって、煙突の煙を見るとすでに陸風が吹き始め、もうすぐ夜のとばりが訪れます。日中は暖かでしたが、この時刻になって地表面近くには安定層が形成され始めているはずです。

 



消えつつある早朝の層雲


北の空




北西ではすでに消えかかっている




一昨日は、午前中から次第に天気が悪化する兆しが見え、高層雲が太陽を隠し始めていた。昨日は、終日、乱層雲からの小糠雨。そして今朝は、雨も上がり、地上付近には層雲。日が昇るにつれて隙間から青空が覗くようになってきた(2020.6.2 藤沢市用田)

高層雲の半透明雲


2020.5.31 藤沢市用田




高層雲は、10種雲形の中で、一番影が薄い(文字通り陰影の少ない)雲です。それだけになかなかカメラの被写体となることは少ないようです。今日のこの雲(半透明雲)からは太陽が透けて見えていますが、地上に影を作るほどではありません。ちなみに写真前景にあるのは、支柱の先まで伸びたインゲン豆の蔓です。




列状の積雲


雲写真の投稿がありました。列状になった積雲です。雲列がほぼ等間隔に見えます。列を作っている雲は、晴天時の積雲に似ています。上空の風速は強いようですが、さて風向について推定できますか。雲列に平行か、直角か、判断が難しいように思います。千葉会員からの投稿で、2020年4月24日の9時ころです。