シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

空と雲の写真館

雪雲の移動(動画)


2018年12月28日の7時30分ころに撮影しました。中央に雪をかぶった富士山が見えます。画面の南側に雪雲が垂れこめていますが、地上に接した部分では雪が降っています。この部分が少しづつ左に移動しています。撮影した場所に向かって進むかと思いましたが、残念ながらそれました。わずかに降雪が観測されました。(撮影:林)




2018年12月28日9時の天気図(goo天気より引用)






『ケルビン-ヘルムホルツ不安定性の雲』


お正月の青空に二筋の飛行機雲。そのうちの一つが西から東へ(画面の左へ)と流れながら、わずかずつ波打ち始め、やがてそのうねりが大きくなっていきました。『ケルビン-ヘルムホルツ不安定性の雲』は、毎日空を眺めていてもなかなかお目にかかれない珍しい雲です。











2019年1月2日 藤沢市用田にて

『冬の層積雲』


頭上付近の雲は半透明雲(変種)となっているが、画面奥(箱根)では不透明雲(変種)となっていて、降水雲(副変種)も見られる(気象庁「高解像度降水ナウキャスト」で雨域を確認)。撮影地の気温は10℃。箱根では霙かもしれない。




2018.12.24 15:58 藤沢市打戻にて

関東から雪国へ


今日は、朝、東京を出て、湯沢経由、金沢まで車で移動しました。関東の晴天から、雪国へ、それほど北陸は冬型が強くなかったので右手に雪雲を見ながら、ときどき、雹や時雨に遭遇しながらの移動となりました。(2018年12月10日 寄崎)




朝の赤城高原SAから谷川岳方向、関東は晴れています




トンネルを越えて、湯沢は雪景色です(積雪20-30cm)!




雪雲と晴れの境目 柏崎の先
柏崎より南は寒気がそれほどでもなく、陸まで雪雲は来ていません。




雪雲と晴天行きの境目




黒部付近で、夕焼けになりました

巻雲シリーズ

泉会員に代わって投稿します。あざみ野より、12月4日の巻雲です。この日は、南から暖気が流入して12月としては記録的な高温となりました。上空には北から寒気が張り出しつつある状態でした。圏界面付近で波状雲が現れました。そのうち筋状の巻雲が現れました。