シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

夕焼け朝焼けなど

薄明光線について


写真(2019年3月4日、藤沢市片瀬より)をご覧ください。富士山に沈む太陽が放つ薄明光線です。目に見えるのは、大気中に水蒸気などの物質が浮遊している層があるからです。もし、真空なら見えません。

 

 

 

 

 

次の写真(2017年11月4日、藤沢市片瀬より)は、雲の切れ目から差し込む光線が、丹沢山を背景に明るい光線として見える現象です。これも同様な原理で起こります。林の中の木漏れ日も、類似の現象です。(林)

薄明光線と反薄明光線




薄明光線は、雄大積雲などが太陽光を遮った時などに、その影と隙間からの光が織りなす現象。この写真のように、夜明け前や日没後などでは、雲の姿が見えないことがあります。また、その影が伸びて、反対側の地平線まで伸びたものは反薄明光線と呼ばれています。






薄明光線:2020.9.11 夜明け前 藤沢市用田






下の二枚は、以前撮った薄明光線と反薄明光線




薄明光線:2012.8.3夕刻 西の空 藤沢市用田






反薄明光線:(上の写真の続き 東の空)

関東から雪国へ


今日は、朝、東京を出て、湯沢経由、金沢まで車で移動しました。関東の晴天から、雪国へ、それほど北陸は冬型が強くなかったので右手に雪雲を見ながら、ときどき、雹や時雨に遭遇しながらの移動となりました。(2018年12月10日 寄崎)




朝の赤城高原SAから谷川岳方向、関東は晴れています




トンネルを越えて、湯沢は雪景色です(積雪20-30cm)!




雪雲と晴れの境目 柏崎の先
柏崎より南は寒気がそれほどでもなく、陸まで雪雲は来ていません。




雪雲と晴天行きの境目




黒部付近で、夕焼けになりました

フェニックス??@富山

去る9月3日18時頃、富山市八尾町の北の空に珍しい形をした雲が現れました。



 

 

 

 

 

おぉ、まるでフェニックスの翼ではないですか!

こんな形の雲はついぞ見たことがなく、急いでケータイで撮影しました。

勘のいい方はこのあたりでピンと来たかも知れません。

この日は「越中おわら風の盆」と呼ばれるお祭りの最終日。

終業とともに臨時列車に乗って30分、いざ会場の越中八尾へ。

現地に着くや見上げた空に出ていたのが、この雲だったというわけです。



 

 

 

 

 

フェニックスも年に一度の静かなお祭りに誘われたのでしょうか。

ぜひ皆様も秋深まり美しく彩られる越中・富山へ来られ。

梅雨の晴れ間の夕焼け

梅雨の合間に、めずらしく、冬に負けないほどキレイな夕焼けが現れました。夏至を過ぎた頃で、西北西へ回り込んだ太陽が、沈む直前に、層積雲の底をオレンジ色に染めました。空気は湿って暑いですが、直前の雨で視程が良くなり、はるかに富士山の向こう側の雲まで見えました。画面左下の黒いシルエットの松の樹の頂上で、カラスが子育てをしています。家族で、夕焼け空を楽しんでいるハズですが、どうでしょう。

IMG_6397