シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

関東から雪国へ

関東から雪国へ


今日は、朝、東京を出て、湯沢経由、金沢まで車で移動しました。関東の晴天から、雪国へ、それほど北陸は冬型が強くなかったので右手に雪雲を見ながら、ときどき、雹や時雨に遭遇しながらの移動となりました。(2018年12月10日 寄崎)




朝の赤城高原SAから谷川岳方向、関東は晴れています




トンネルを越えて、湯沢は雪景色です(積雪20-30cm)!




雪雲と晴れの境目 柏崎の先
柏崎より南は寒気がそれほどでもなく、陸まで雪雲は来ていません。




雪雲と晴天行きの境目




黒部付近で、夕焼けになりました

« »

コメント

  • 林陽生 より:

     日本列島は南北に長い一方、ほぼ東西に狭くなっています。世界中で日本ほど季節の内り替りが、また一定季節のなかで地域差が大きな国は外に類がありません。大陸東岸機構の特徴です。
     冬は、北陸で一日に何十センチも積雪がある日に、房総半島の南端では露地で花きの栽培が行われています。また茨城県のひたちなか市周辺では、連日の晴天日にかんそう芋の生産が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です