シティ・ウォッチ・スクエア

風に吹かれ、波の音を聞き、土に触れ、地域の環境を知り、未来を考える

TEL.050-5586-0381

〒251-0023 神奈川県藤沢市鵠沼花沢町1-14

台風15号の影響・被害

台風15号の影響・被害


2019年9月未明に、台風15号が藤沢市近傍を通過しました。非常に強い台風に発達し、特に強い風の被害がありました。台風の経路、および影響・被害の実態4件(9月9日撮影:藤沢市内を流れる上山本橋からの境川の状況、松の倒木によるカーポート崩壊と電線切断、南口商店街の看板の落下、飛ばされた小鳥の死骸)に関連した写真を以下に掲載します。

2019年9月9日に藤沢付近を通過した台風15号の進路


藤沢市内の境川の水位(9日10時ころ撮影)


看板落下(3階の店の看板が歩道に落下)


歩道に打ち付けられた小鳥(死骸)


 

 

« »

コメント

  • 宮地俊作 より:

     15号台風は千葉県に大きな被害をもたらしました。コースが西寄りに上陸したら、神奈川・藤沢市でも甚大な被害が出ただろうと人ごとではないと感じています。
     この1週間、会う度に、「大丈夫だった?」、「庭の木が倒れた」「ベランダの軒がはがされた」、「大きな梅の木が倒れて、道路を塞ぎ通れなくなった」、「ケヤキの大木が折れて電線に引っかかった。東電に何度も電話したが繋がらず、植木屋さんに頼んでクレーン車で撤去した」、「畑の防虫ネットやビニールの被いが吹き飛ばされ、農作物に被害が出ている」、「停電でクーラーが効かず、年寄りを抱えているので電気がついているお店を探し、ドリンクバーで家族揃って8時間粘った。夕方帰宅したが停電は続き、年寄りには本当につらかった」等々、多くの声が聞かれました。
     相次ぐ異常気象は温暖化なしには起こりえないと世界の研究機関(日本の気象庁も)報告しています。これまで、IPCCは政策決定者に向けて5次にわたり報告書を発表し、温暖化対策・気候変動の危機を訴えてきましたが、我が国は立ち遅れています。
     被害が現実のものとなり、今後、藤沢でも防災の観点から至急対策を迫られています。防災対策の実施責任について、神奈川県地域防災計画では、市町村は防災の第一義的責任があると規定しています。
     しかし、藤沢市は温暖化対策に遅れが目立っています。財政難を理由に対策に手をこまねいているのが現状です。一度、災害が起きてからでは、その経済的損失は莫大です。損害保険会社による昨年の損害支払額は1.6兆円で過去最高に。災害による経済的損失を被るより災害を防ぐために備えることこそ肝要と考えます。
    藤沢クマゼミ調査研究会では、10年近く市内のクマゼミ調査を子ども達と行ってきました。多数のクマゼミのぬけがらが見つかり藤沢では10年前に集団発生が確認され、昨年までは善行団地まで集団発生が認められていました。今年は、初めて六会、長後でもぬけがらが見つかり、市内でクマゼミの繁殖分布は北上しています。このことは温暖化の影響は否定できないと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です